関連プロジェクト/xmlgawk/インストールガイド

トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

xgawk (xmlgawk) インストールガイド

ここでは、Linux など UNIX 系 OS へインストールすることを前提に解説を行っています。xgawk のインストールは、Linux だけでなく、MacOS X や Cygwin でも可能であることが報告されています。

xgawk を入手する

xgawk は開発版であるため、ソースは CVS で取り寄せることにします。ここでは、作業を ~/src で行うことにします。

$ cd ~/src
$ cvs -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.net:/cvsroot/xmlgawk login
(ここでパスワードを聞かれますが、リターンを入力してください)
$ cvs -z3 -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.net:/cvsroot/xmlgawk co -P xmlgawk

なお、2 回目以降は

$ cvs -z3 -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.net:/cvsroot/xmlgawk co -P xmlgawk

だけで問題ありません。

上記コマンドで、xgawk 一式が xmlgawk というディレクトリに展開されます。

xgawk をビルドする

CVS から入手した xgawk は configure スクリプトと make ではビルドできません。そこで、以下のようにします。

$ ./update-autotools
$ ./configure --enable-xml --enable-switch --enable-pgsql --with-libpq=/usr/include/postgresql
$ make
$ make check

configure スクリプトで "--enable-xml" を付けることにより XML パーサを組み込みます。また、"--enable-pgsql" を付けることで、PostgreSQL データベースを読み込むことが可能になります。上記では、さらに "--with-libpq=/usr/include/postgresql" と付けていますが、libpq を configure スクリプトが見つけられなかった場合に使用します。Extension をスタティックに組み込むことも "--enable-static-extensions" を configure スクリプトのオプションで与えることで可能ですが、後の説明が変わってしまいますので、ここではダイナミックに組み込むことにします[1]

また、gawk は "/usr/bin" にあるべき重要なコマンドのひとつです。したがって、インストール先は必ず "/usr/local" などオリジナルの gawk を上書きしないことを確認してください。また、デフォルトでは "/usr/local" にインストールされます。

xmlgawk 用 po ファイルを組み込む

ここでは最新の CVS 版に対応した ja.po(156) と ja.gmo(139) を用意しましたので、これを xmlgawk/po の下に保存します。保存後、再度 make します。

$ cp ja.po ja.gmo po
$ make
$ make check

また、CVS 版の方が新しい場合には、以下のようにして、po ファイルを自動生成します。

$ make gawk.pot-update
$ make update-po
(po ファイルの編集)
$ make update-po

インストール

インストールは、root になり以下のように行います。

$ su -
# make install

以上でインストールは終了です。

スタティック拡張版

xmlgawk の開発者の多くはスタティックで使っているケースが多いので、スタティック拡張版のビルド方法を書いておきます。

$ make clean
$ ./update-autotools
$ ./configure --enable-xml --enable-static-extensions --enable-switch --enable-pgsql --with-libpq=/usr/include/postgresql CFLAGS="-g -O3 -march=i686"
$ make
$ make check
$ su
# make install

Debian GNU/Linux ではどうもスタティック拡張 + PostgreSQL 拡張でうまくビルドできません。[2]


  • [1]2005/12/23 修正。
  • [2]スタティック拡張 + PostgreSQL 拡張でうまくビルドできないことがあるようです。

  • cvs 版の現時点の最新に ja.po を追従させました。 - hi_saito (2006年02月10日 00時58分38秒)

{{comment}}


最終更新時間:2006年02月28日 09時55分41秒